スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  夫婦の趣味  -  2006.02.27.Mon / 00:00 
 夫婦で共通の趣味がないことについて書いた日記を読んだ。

小町さんの われ思ふ ゆえに・・・「夫婦で共通の趣味を持つということ」

 自分たち夫婦はどうだっただろうと考えてみた。そういえば私たち夫婦も初めから共通していた趣味は全く無かったなと思った。
結婚したのは10年前。共通の趣味というのは、恋人同士や夫婦になるのに大きな原動力となったりするのだが、私たちにはあてはまらなかった。でも私は共通の趣味が無いことに結構ワクワクしたっけ。夫とは趣味に限らず、過してきた学生生活から仕事まで私が、想像さえしない未知の人だった。私の知らない世界ばかりを持っている夫に興味津々でこれから沢山教えてもらえて、色々な話が聞けて、勉強にもなるのが楽しみだった。

 夫の趣味の一つに空手があった。私は、格闘技のような野蛮なスポーツが嫌いで、暴力をふるって何が面白のか皆目見当が付かなかった。しかし、空手の練習会に行く夫を見送るうちに、一人で留守番もつまらないしと思い始め、「食わず嫌いもいけないわね、悪口を言うにも一度経験してみよう」と連れて行ってもらうことにした。初めての空手。格闘技マンガに出てきそうな筋肉隆々の先生が、若葉マークの私に丁寧に教えてくれる。柔軟体操から基本の型まで。型の一つ一つの意味から、呼吸方が大切なこと、または空手が暴力とはどう違うのかなど、1回の練習でそれは沢山のことを話してくれた。面白かった。無知さ故の嫌いが随分あった。色付きの帯の夫とは練習場所も違い、道場では全く別々だったが、帰ってから空手の話で盛り上がった。それから私は欠かさず空手の稽古に通った。夫が仕事でいない時も一人で通った。新しい世界が楽しく、知らない話を聞けるのが面白かった。無防備にお腹を向け「どうぞ」と言う先生の6つに割れた腹筋を、力一杯グーで叩けるようになるまで三ヶ月かかった。(私が思い切り叩いても、先生にしたらくすぐったいくらいなのだが)最初は人を叩けなかったが、出来るようになった。それは、暴力を振るうことに平気になったのとは違う。また、叩いてみて始めて、叩いたのと同じだけ自分も痛いんだということを身をもって知ったりもした。友達が増え、世界が広がった。しかし、永遠の初心者の私は夫と一緒に空手をすることはまだない。空手で一緒にするのは、試合の応援と家に帰ってからの話だけだ。わたしにはそれしか出来ないし、それで結構楽しかった。

 私の趣味はフラワーアレンジメントとダンス。この方面の趣味は全く無い夫を、まずはダンスに連れて行った。いきなり踊れというのも無理なのでまずは通っているスポーツクラブのエアロビクス教室からはじめ、ヒップホップのクラスにも連れて行った。夫は続けて通うまでには至らなかったが結構面白がってくれた。もう少し本格的なダンスは見に来てくれたがのめりこむことはなかった。だが家で話題にはできる。話す私に聞く夫。またパーティーダンスを家で教えた。6畳間にちゃぶ台の部屋を二人で小さく踊ってみたりした。踊りといううよりサルの抱擁みたいで大笑いだった。
フラワーアレンジメントは、一緒にレッスンに行くことはないが家で生けたり、クリスマスのデコレーションをリビングにしたりすると、夫のほう方から話題にしたり、たまには花を買ってきてくれたりするようになった。

 全く新しいものにも二人でトライしてみた。初心者向けにタダで開催しているおりがみ教室だ。ワインボトルをいれる紙袋の作成だった。二人で十分に楽しんで帰ってきた。

 全部の趣味趣向を共有するのは難しい。やっぱり嫌いというものもある。が、無理せずお互い楽しい部分だけ一緒に楽しみ、それが少なければ新しいものを探してみる。体力的に出来ないとか、今更出来ないものは土産話を楽しめばいい。そんなふうに考えて10年。自分だけの世界、夫の世界、二人の世界を結構楽しんできたと思う。頑張って何かを一緒にしようとすると続かない可能性もあるが、なんでも面白がろうとする気持ちを夫婦二人でいつも持ち続けていることは大切だ。そうすれば一緒に楽しめる何かは沢山でてくるはず。

 今まで結構楽しくやって来たと思うし、これからも楽しめる気がする。面白がる気持ちを無くさないようしたい。そうすれば夫婦共通の趣味や、趣味とまでいかなくても話題をあちこちで見つけられる。
スポンサーサイト
No.11 / 雑念 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Calendar 


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

 プロフィール 

かすみ

Author:かすみ

 ブロとも申請フォーム 

  FC2カウンター  


CopyRight 2006 キリンも考える All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。