スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  子連れは邪魔?  -  2006.03.06.Mon / 00:00 
 子供と外出するときは、外出の時間帯にことさら気を使う。それは、子供の食事時間がずれないようにとか、昼寝の時間を避けるとかいった子供の生活リズムを考えて外出すること以外に、外出先やその途中の道や交通機関が混んでいない時間を選ぶようにしている事だ。けれども乗り入れ電車が多い地下鉄の駅やその周辺となるといつも混雑している。それでも地下鉄を使って外出しなければならないこともたまにはあるのだ。
 そういう時、いつも悲しい思いをする。
ベビーカーを押して券売機で切符を買うとき、自動改札を通るとき、階段を上り下りするとき、確実にベビーカーなど押していない人たちより時間がかかってしまう。子供を気にしながらバックから財布を出すのも、いきなり閉まるかもしれない改札に子供が挟まれないよう慎重に通るのも、子供を抱っこしてベビーカーを畳んでしょって階段を下りるのにも、兎に角いちいちもたもたする。駅や人通りの多い道では、人の流れ、テンポというものがあるがその流れを壊し、テンポを狂わせてしまう。そんな時感じるのは周囲の冷たい視線だ。多くの人は、「何でこんなところに来るんだ。」というあからさまな迷惑顔。時には、後ろからぶつかられたり、カバンをぶつけられたりする。すべての人がそうではない。時には理解のある人もいて優しい目で見てくれる事もある。しかし殆どの人は邪魔者を見るような目だ。いつも申し訳ない気持ちでベビーカーを押さなければならなくなる。が、ベビーカーを押していない人たちとまったく同じに動くことはどう頑張ったって無理なのだ。

 財布をすぐ出るポケットに入れ、子供がぐずったときのおもちゃも持ち用意周到で準備をして、出来るだけ迷惑にならないように気を遣いながらの外出は大きなストレスとなる。家に閉じこもりっぱなしで子育てするのもストレスが溜まるが、外に出ても心身ともに疲れ果てて帰ってくる羽目になる。
 母親がこんな気持ちで子育てをしなければならないこの国で、少子化が進むのは当然だ。
 少しだけ甘えるわけにはいかないだろうか。子供連れに対してもうちょっと優しくして欲しいとは図々しい事なのか。何もラッシュ時にベビーカーで電車に乗ろうとしているわけではないのだ。子育て中の母親も、世に出て1年ほどの赤ん坊も人として、地域の一員として、道や駅でちゃんと居場所を確保できる世の中であって欲しい。


 子供にベビーカーが必要なくなり、上手にあんよができるようになり、さらに券売機で行く先の切符を手際よく買って改札を通れるようになるまであと10数年かかる。その時、かつてベビーカーに迷惑顔だった人や母親にカバンをぶつけた人が高齢のため駅でもたついていても邪魔にはけしてしない。そう子供に教えたい。そうやってめぐりめぐって、誰もが暮らしやすい、寛大で優しい日本になっていくのが本来の姿ではないか。
スポンサーサイト
from MrsM

はじめまして。
あまりに切なくなったので、書き込みをさせていただきました。
わたしも三人の娘がいます。
三人のこども&ベビーカー&大荷物でバスに乗らなくてはいけなかったこともあったことを思い出しました。
外出先での大変さ、涙が出るほどよくわかります。
なにより、まわりに迷惑をかけている、かけていると思わなくてはいけないことが辛かったなぁ。
その分、ときおりかけてもらえる優しさが身に染みました。
寛大で優しい日本を作っていくこどもたちを育てるのはわたしたち、そう思ってがんばっています。
今は本当に大変でしょうが、こどもも少しずつ楽になっていきます。
それまで、がんばってくださいね。

2006.03.06.Mon / 10:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

MrsMさんへ
はじめまして 書き込みありがとうございます。
「がんばってくださいね。」という言葉に涙が出ます。
(子供を生んでから涙腺が弱くなっちゃって・・・)

辛い、悲しい、がっかりなことが沢山ありますが、その逆もてんこ盛りの子育てですよね。
日本のためになんて考えながら子育てをしている訳では全然ありませんが、
結果として優しい日本をつくる人を育てられたらいいと思います。

2006.03.06.Mon / 14:46 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from kesetty

 子供を持つお母さんはとても大変だとおもいます。
 子連れのお母さんを邪魔だと感じる人間にはなりたくないです。そんな風に感じている人とは話もしたくありません。というかそんな人はいないと信じたいです。
 ぼくは2ヶ月の赤ちゃんの父親です。ぼくの妻が他人をそんな風に感じているとしたら、もっと大切にしてあげなくちゃいけないなと思います。
 一方で、お母さんには大阪のオバはん(なんとなくイメージですが)みたいに、ずうずうしく、強く生きて欲しいと思います。

2006.03.10.Fri / 00:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from オヤジ

はじめまして。
私も子連れで外出した時に、よく世間の冷たい目を感じます。
ベビーカーを押していると、少しの段差やちょっとした傾斜だけでも、前に進むのが大変な時がありますよね。
うちには、もうひとり動き回るチビちゃんがいますので、ベビーカーを押しながら、もう一人を連れて移動するのは、本当に疲れます。
街行く人たちは、決して子連れや社会的弱者に冷たい視線を送っているのではないかもしれませんが、温かい心遣いや気配りがあまり感じられないのも事実だと思います。
私も、子供を持ち父親となって初めて、普通に生活することの大変さを実感するようになり、日常生活のあちらこちらで困っている人や、手助けを必要としている姿に気付くようになりました。
実際、子連れで外出した時に、さりげなくドアを開けてくれたり、先に通してくれたりするのは、子育てを終えたとおぼしきオバさんが多いようにも思います。
まあ、私も子供を持ってはじめて、普通に生活できることのありがたさに気が付くことができたわけですから、それまで何も気付かず何も考えずに、大きな顔をしていたのですが・・・。

2006.03.10.Fri / 08:28 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

Kesettyさん
書き込みありがとうございます。
夫の小さな気遣いで、子育て中の妻はとても元気になれるものです。
周囲の人が僅かに気持ちを傾けてくれるだけで、子育てはきっとぐっと楽しくなると思います。

勿論、こちらも守るべきマナーはあると思いますが、だんだん要領も得、ずうずうしくもなってきました。

2006.03.10.Fri / 13:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

オヤジさん
こんにちは
私は自分の子供を持ってはじめてベビーカーというものを押しました。
あちこちでひっかかってみて初めて、スムーズに進むのって結構大変なんだと解りました。
子供(赤ちゃん)って、大人とまったく違う生態を持ち、違うステージで生きていると実感すること、しばしばです。
それを子供と接したことのない人に解って貰うのは難しいことです。
でも、赤ちゃんも子供も大人も老人も車椅子もいろいろな人が世の中にはいます。
やはり誰にもやさしい世の中にはなるべきで、知らなければ勉強するくらいしても
いいのではと、最近思います。私も、自分のことしか知らない、気が付かない大人でした。

最近よく思い出す言葉があります。
「子供叱るな、来た道だ。年寄り笑うな行く道だ。」

2006.03.10.Fri / 13:11 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from 猫髷

はじめまして。
子連れでつらい時間を過ごしていると、なんだかそれが永久に続きそうな気がしますよね。でも以外と早く終わってしまうものです。
たとえば駅の階段のもたもたはあと10年も待たなくて大丈夫ですよ。
長く見積もっても5年です。
そして券売機と改札については3年もあれば楽勝です。

2006.03.11.Sat / 01:46 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from オヤジ

>「子供叱るな、来た道だ。年寄り笑うな行く道だ。」

私もときどきこのコトバを思い返して、自戒しています。(笑)
少し関連したエントリーを書いたので、トラックバックさせてもらいました。

2006.03.11.Sat / 11:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

猫髷さんへ
そうなんですか、券売機は3年くらいでクリアできるんですね。(子育てになんて無知なわたし)
そういえば、夜中の授乳の辛さも、その時は永遠に感じましたが、今思えばあっという間に終わってしまいました。
成長に伴い、その時期だけにある子供の色々をどうせなら楽しんで過ごしてゆきたいと思います。
元気が出る書き込みありがとうございます。

2006.03.13.Mon / 11:00 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

てめえのガキのことは100%てめえの責任だろ当然じゃねぇか。他人のガキに気を使って当然などという勘違いは一体どこからくるのか?
自然の生物界ではガキは弱肉強食のターゲットだぞ?それを身を削って必死で守るのが親の役目だろが甘えるな。ガキがいるのにガキがいないのと同等の負担で生活しようなどという甘ったれた考えそのものが少子化の原因だろバカ。人のせいにすんな。つかガキごと死ね。

2006.03.15.Wed / 12:50 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

うーん。上の方はかなり過激ですが、ま、そういう経済合理性なり、自然界の掟のようなものにぞぐわないけど必要なものをカバーするのが行政の役割ではないでしょうか。社会のある割合の人が必ずガキをつれているということを考えると、ハンディキャップドに対する考え方と同じでよいと思いますね。車椅子でもベビーカーでもスムーズに利用できる公共交通機関であるべきです。したがってこれは周りの態度云々ではなく社会政策のあり方の問題かと。

2006.03.15.Wed / 15:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from こなくろ

んー、子供は親だけが責任もって育てなきゃならないってのは無理がある気がしますね。
自分は子供いないのですが介護の仕事柄、高齢者の介護の負担が高まりすぎて疲弊していく家族をよく見ます。子供や高齢者など弱い存在は社会全体でカバーしていかないといけないもんだと私は思ってます。自然の生物界での弱肉強食のターゲットになる弱い存在を守るために社会を形成するわけで。それは人間や動物も同じ。
まぁ、一人で生きていけるって人は他人を助けず、自分も他人に助けられず生きていけばいいんじゃないかと思います。

2006.03.15.Wed / 22:40 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from モン太

初めまして。
子連れは邪魔?と言うことですが
確かに、邪魔だなあと思うことがあります。
私の家は近所に幼稚園があり、
夕方になると親御さん方が迎えに来たり、会話をします。
そこまでは良いのですが、
・道のど真ん中で輪になっておしゃべり。人が来ても
 どかない(気づかない?)。子供はそこら辺で遊ばせる。
・子供は家と家の間を走り回る。人の家を覗く。
 道いっぱいに並んで駆けっこ。ぶつかりそうになる。

等の事がよくあります。(具体的すぎ申し訳ないです)
決して全てのお母さんがそうだとは思わないですが、
こういったマイナス面が目立つと、
「子供(子連れ)は邪魔」
と言う風になってしまうのではないでしょうか。
人は悪いイメージが記憶に残りやすいらしいですし。
(友人に聞いたので定かではありませんが)

と、何だか偉そうなことを言ってしまいましたが
実は私も数年前までは家の間を走り回るうるさい子供
だったのでとても微妙な気分です…。
長々と書いてしまって申し訳ありませんでした。

2006.03.15.Wed / 23:17 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

お名前がないので、宛てて書けないのですが、

全ての人間(全ての年代)の人に、居場所の確保はするべきで、今の社会はまだまだ不十分だと思います。 不十分な社会の中で、やはり生きていかなくてはいけません。弱肉強食の世で身を削って子を守るのなら、わたしにとってその対象は駅でぶつかってくる人です。

日本は、子供に限らず弱者に対するケアが遅れていると思います。(外国と比べても意味がないかもしれませんが)遅れているからこそ、社会のやさしさもあってもいいと思います。

2006.03.16.Thu / 15:23 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

こなくろさん
こんにちは 
弱肉強食社会で、命がけで生きていくのも世の中だと思うのですが、そればっかりだといつかは私も弱者として抹殺されてしまいます。(社会的にそれほど強い立場にはいない自分)
だからといって、全てを受け入れてなお居心地よく生きられるほど社会は甘くはないとも思います。
競争も許容も絶妙のバランスで存在する社会が一番いいのですがこれまた難しいです。

2006.03.16.Thu / 15:24 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

モン太さん
こんにちは 
以前は「マナーのなっていない、邪魔で横柄な親子だわ。」と思う親子にしばしば遭遇しました。
今、子供を持ってみて、かつて私が思っていたような嫌な親子に自分がなっていないか常に気になります。
そう思う反面、私の子供はまだ走り回るほどではないのでモン太さんご指摘のようなことにはならないのですが、ベビーカーが段差で引っかかったり、子供とベビーカーをしょってゆっくり階段を下りたりしているときに、「どうか、よけていって下さい。ぶつからないで行ってください。」と思います。あかの他人に甘えているといえばそうなのですが、整備されたエスカレーターやエレベーターがまだ少ないので結局、もたもた歩く私たちを避けてもらうしかありません。どこまでが許されるのか、どこからが邪魔なのか悩ましい問題です。

2006.03.16.Thu / 15:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from 独身カウントダウン中

はじめまして、読ませていただき切なくなりました。

現在、東京在住(男)なのですが、最近聞いた話で
近所で「子供の遊び声」が聞こえると、うるさい!と苦情を言いにいったり…
なんて話を聞くと、「あなたも周りの大人にいろんな事を許されて
育てられてきたんじゃないの?」なんて悲しい気分になってしまいます。
(限度もあるけど…という、そこが難しいところでもあるんでしょうが、
「泣かない赤ちゃん」はいない訳ですし、外でぎゃーぎゃーと元気に遊ぶ子供もまたしかりだと個人的には思います。)

心ない人もおりますが、どうかがんばってください。
先日、電車にて3人(ベビーカー&両手)のお子さんを連れたお母さんに席を
ゆずる事が出来なかった自分に恥ずかしさを覚えます。

「子供叱るな、来た道だ。年寄り笑うな行く道だ。」
30前の今、とても響きます。

2006.03.18.Sat / 15:07 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

独身カウントダウン中 さんへ
こんにちは 書き込みありがとうございます とても嬉しいです。

独身カウントダウン中ということは、おめでとうございます!と申し上げていいのでしょうか。

このままなら、これからますます子供を排除する傾向に(日本の)社会はなっていくと思います。
でも、次世代がこれっきりいなくなってしまったら、今日生まれた子供を持って新しい命の誕生が終了してしまったら、パニックになることも確かです。(アメリカ映画みたい!?)子供というより、次世代というものはいつの時代でもいなければなりません。それを受け入れられる社会を、今作るのは今の大人です。次に、そういう社会を受け継いで作っていくのは今の子供たちです。これは、人類が生き続けて行く基本的なことではないでしょうか。それが出来ない、次世代と次世代が生きていける社会(地球)を作れなくなった人間は、そのうち消えていくしかありませんよね。

席を譲ろうかどうしようか・・・いろいろ考えているうちに結局譲らず仕舞いということ、私にもあります。電車を降りた後に「あーあ」とちょっとブルーになったり。でも気持ちさえあれば、次には気持ちよく(スマートに)譲ることができるはずと思っています。

2006.03.20.Mon / 13:22 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

てめえのガキのことは100%てめえの責任だろ当然じゃねぇか。他人のガキに気を使って当然などという勘違いは一体どこからくるのか?
自然の生物界ではガキは弱肉強食のターゲットだぞ?それを身を削って必死で守るのが親の役目だろが甘えるな。ガキがいるのにガキがいないのと同等の負担で生活しようなどという甘ったれた考えそのものが少子化の原因だろバカ。人のせいにすんな。つかガキごと死ね。


同感。いまどきの子連れって甘えてるね
この作者もいちいち(管理人)って書いて感じ悪いし。

2006.03.28.Tue / 21:57 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ(管理人)

お名前がなく、宛ててお返事できないのですが上のコメントの方へ
(管理人)って言葉、感じ悪いですか。訪問してくれた人と一見して区別できるように付けただけです。

例えば、骨折して松葉杖でも付いて電車を利用するとき、歩くペースが遅くなりませんか。急いでいる人には、ぶつからずによけていって欲しいと思うのですが、甘えでしょうか。
松葉杖とベビーカーは違いますが、スピーディーにてきぱき動けないのは同じです。

2006.03.29.Wed / 09:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.03.30.Thu / 20:42 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

自己都合で人を邪魔者扱いしてるのが日本女のくせに、自分の時はさも憐れっぽく主張するなんてうんざりだね。
時間が惜しい時もあるし、それなら子連れや体調の崩れた時専用の切符買う場所は作ってもいいんじゃない?

ただ、社会や他人に配慮する事ばかり求める日本女的な寄生的
なあり方はうんざりだ。
あと、人の金を含めてすぐ他人に要求するな。弱肉強食の人はまあ、自分も弱る時あるし配慮も大切だと思うよ。
言ってる事は部分的には事実なんだけどさ。

2006.05.21.Sun / 08:30 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

5月21日にコメント頂いた直上の方へ
切符を買う場所を分けるという方法ではなく、
ゆずり合い・思いやりで解決出来れば世の中美しいのですが
それぞれの立場でなかなかそうは行きません。ある程度の住み分けも必要ですが、
ゆずり合い・思いやりも必要だと考えています。ただ、その程度が個人によって
異なるから摩擦が起こってくる。だからといって程度の明文化をすればどんどん細かくなり、
どんどん暮らしにくく首が絞まってくると思いますね。

2006.05.22.Mon / 23:38 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

人に対して思いやりばかり要求する日本女は寄生虫だ。
じゃあ、お前等が他人を本当に思いやってるのか?
金は天から降ってくる訳じゃないし、その分人々が命削って働か
なきゃならないのだ。
思いやりばかり、他人に要求ばかりしてないで自分で何とかしろ
そういう習慣身に付けろ。
それに、少子化は社会のせいじゃない。それこそ根源的に要求
と寄生ばかりする日本女と一緒にいるのが嫌な男が多いのだ。
働いて業績上げる事は、とんでもなく大変だし人生も不安定な部分あるから、うるさくて品がなく寄生的な日本女といるのが精神的に苦痛なの。滅亡してもいいと考える人間もいるくらいに。
他人に求めてばかりいる日本女は幼稚で最低だ。まず、自分が
他人を思いやれ、自分で何とかする事考えろ。
「誰かに愛されたければ、まず自分が愛する事から始めなければ
いけない」
これは、生きる上で全般で言える事なんだがな。

2006.06.21.Wed / 08:39 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

6月21日付でコメントを頂いた方へ
ご意見至極尤もと思うところが大きいです。
他人を本当に思いやり行動に移せているのかというと自分自身そうでもないと思います。自分の生活も金も精神も肉体も全く痛むことなく出来る他人への思いやりなら簡単ですが、痛みやマイナス、損が発生するとなるとどこまで出来るのか。かなり早く限界が来そうです。
しかし私自身でいえば、そう要求ばかりを世間や他人にしているつもりはありません。
身の丈を考えてもいますし、出来ることは自分でしようと考えています。
他人から見たらその評価は様々なのでしょうが。

いろいろな人間がいて、日本の女性にも様々な人がいます。それをひと纏めにして意見を述べるのには賛成できません。

2006.06.21.Wed / 21:59 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from keya1984

投稿者本人にとってはネタなのでしょうが、誤った自然観が広まるといけないので・・・

>自然の生物界ではガキは弱肉強食のターゲットだぞ?

生物種によりますね。同属の仔ですら捕食の対象となる種もありますし、群れ全体で仔らを育児・防衛する種もあります。雌だけが子育てする種も、雄の子育てが不可欠な種もあります。

現生人類の場合、オオカミと同様に父親の役割や、群れ全体での育児・防衛行動が欠かせません。化石や遺跡を見ればわかることです。

ちなみに中でも日本社会は、ほんの数百前(つまり生物の進化速度で言えば「一瞬前」)まで、西洋人が子煩悩ぶりに驚き呆れかえっていたくらいで、数十年前まではそうでしたでしょう。

上記投稿者は生物種としての人間として、文化的な日本人の伝統に照らして、どちらも失格ですね。ちょうどいいネタなので乗らせていただきました。ほんとにありがとうごますw

2007.03.17.Sat / 23:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

●keya1984さん
コメントありがとうございます。お返事が遅くなり大変失礼しました。ブログに手が回らない日々・・・、言い訳すみません。
この記事にはいろいろなご意見いただきました。自分はそんなに間違っていないと決めて思うことは、驕りなんだと思いました。いろいろな意見、考え、人の気持ちがあることを認識すべきなんだなぁ、と深く考えさせられたした。

2007.04.03.Tue / 22:34 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.12.14.Fri / 12:58 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

>例えば、骨折して松葉杖でも付いて電車を利用するとき、歩くペースが遅くなりませんか。急いでいる人には、ぶつからずによけていって欲しいと思うのですが、甘えでしょうか。
松葉杖とベビーカーは違いますが、スピーディーにてきぱき動けないのは同じです。

怪我をしている人と、てめぇの餓鬼を一緒にしてんじゃねえよ。

2007.12.30.Sun / 21:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from のい

日本では「人に迷惑をかけるな」と教えるそうですが、インドでは「あなたは人に迷惑をかけているのですよ」と教えるそう。迷惑をかけるのがいけないのではなく、誰でも人に迷惑をかけて生きているという意味です。

誰でも、生まれたときから人に迷惑をかけない人はいない。
これから先だってそう。みんな他人の世話になって、老いて死んでいくのですよね。
将来の自分のためにも、人に対する寛大さは必要なのだと思います。

おもいやりのある社会になれば、社会的弱者だけでなくどんな人も生きやすい世の中になるという、かすみさんの意見に賛成です!


2008.01.03.Thu / 22:35 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from CHARADE

まあ、この話題に関しては、いろいろな考え方があるだろうし、いろいろな考え方があるということを知るのは大切だろうけど、名前も書かず、わざわざ切り口上のコメントまでまともに受け取る必要はないよ。それこそ人ごみでわざとぶつかってくる人のようだ……

僕は、自分に子供がいないため、子育てをしている人はある部分の苦労を自分に代わってやってくれているという気持ちがあるので、できる限り寛容でありたいと思っています。だって子供は社会の財産だから。……つまり、他人の子でも、僕の財産でもあるわけだから。

2008.01.04.Fri / 02:09 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

■管理人のみ閲覧でコメントくださったかたへ
たしかに無謀な親はいます。迷惑する人もいます。解ります。
でもすべての親が皆そうではありません。
もし子の親で、コメントに書かれていることを実行しているのなら、是非どうやってそうしているのか教えていただきたいです。

2008.01.13.Sun / 16:14 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

■12月30日にコメントを下さった方へ
出来れば名前の欄に何か書いていただけると、返事が書きやすいです。
また、うちに子供はいますが餓鬼はおりません。
怪我人と子供は同じではありません。でも一緒にしていません。
身軽に動き回れないという点では、松葉杖とベビーカー似たところはあります。そういう意味で書いたつもりです。

2008.01.13.Sun / 16:23 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

■のいさんへ
こんにちは 
インドの教え(?)なかなかいいですね。
そういうこと普段はすっかり忘れて生活しがちです。(反省)

私は、実際そうなってみてはじめて理解することが多く、
子の親になってはじめて、子供をつれて歩くってどういうことか、何が起るのか解った口なんです。
想像力が足りないんですね、私は。イカンです。
もっと想像力があったら、子供のいない時分からもっと子連れに対して何か出来たのではないかと思います。
お年寄りなどに対しても、想像力をもっと働かせないとと思うのですが、適切に何か出来てるかというと、どうなんだろうと考えてしまいます。

2008.01.13.Sun / 16:32 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

■CHARADEさんへ
CHARADEさんの考え方、子供がいない時分には私には出来ませんでした。「次世代」に対するヴィジョンというのか、馳せる思いというのか、そういうものが貧しく今になって反省です。自分の周りのこと以外に、地球の裏側のことも少し考えられる(大袈裟?)くらいの人間にならたら理想です。

2008.01.13.Sun / 16:47 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from 侍

申し訳ない。子供は邪魔です。


ただ、貴方に関しては悪い方とは思えないので、貴方以外の子連れの馬鹿について書きます。



実は強者から見ても、思いっきりぶつかったら子どもは死んでしまうかもしれない、とか心配させるような邪魔な存在なのです。


人に気を使わせるくせに、弱い自分たちは偉そうに呑気に道を闊歩する、こんな親と子供ばかりだから、皆に虐められるのです。

強い人間は、そうなるために尋常ならぬ苦労をしているのです。弱い人間はそのプロセスを知らないから、弱い自分を助けてくれない社会にイラツクのです。貴方も強くなりましょう。

周りの人間を自分の奴隷にするにはどうすればいいだろう?と頭を使いながら生きていくのです。


ですから弱者の方が、強者のいない田舎町で暮らせばいいと思うのです。相手に求めてばかりいるからこそ弱者となってしまうのです。


ベビーカーを持って街中を歩く事自体、間違っていると思います。こういうやつは天罰を受けても仕方がありません。

2008.07.25.Fri / 23:27 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

■侍さんへ
こういう意見を頂くと、色々聞いてみたくなります。(答えていただけるか解りませんが)
子供は邪魔と考えている侍さんはこの世に子供は必要ないとまで思いますか?

現在、コメントを読むと侍さんはとても強い人間なのだと思います。努力してその立場を得たのかなと思います。侍さんは今最も強い人間でしょうか。自分より強い人間はいますか?いたとして、自分より強者から邪魔にされ退くことを強いられたらどうしますか?私だったら、ある程度は努力して抵抗して自分の場所を確保します。でも多分限界があります。わたしなどは結構すぐ限界がくる気がします。

自分が弱者になることはあり得ますか?または自分が弱者を抱える…つまり子供や老人・病気の人などなどと共に在るケースです。自分以外に、守るべきものをもって更に強者で居続けることは今の私には時に難しいこともあります。
侍さんの考え方と全く違うのは、周りの人を奴隷にするという考え方が私にはありません。誰も奴隷だと思わないし、自分も誰かの奴隷だとは思っていません。侍さんは奴隷以外に、同胞やご主人様もいますか?それは奴隷も含めて入れ替わりもあるんですよね。

侍さんは弱者だった子供の頃はどうされていましたか?田舎で暮らしていたんですか。(田舎っておっしゃるのは地域的なものですよね。)

この記事に対して、本当に強くて眩いくらいの人達からコメントを頂きますが、今までもこれからもずっと強者で、死ぬ日まで強者として走り抜けられるとしたら、一体どうやってそれを手にするのか、どれだけ苦労しているのか、そしてそう言い切れる自信を聞いてみたいといつも思います。

2008.08.05.Tue / 07:48 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from 侍

う~ん、そうですね。
今度時間の余裕のあるときにもっと的確にお答えいたします。

申し訳ありません。私は自分の意見ばかりで他人の意見を聞かない傾向があります。ただ、それだけでは社会的生活が営めないので義理だけは必ず通すようにしています。ですからもっと時間をかけてキリンさんの文章を解釈しようと思います。


話は変わりますが、もうちょっと楽に生きましょうよ。自分より威張る奴を蹴散らすために努力するんです。
若しくはそういう気に入らない人間がいない場所に避難するか、そいつを自分の中に取り入れてしまうかです。
要は少しでも体制に反抗するんですね。そうすると自分が少しでも他人に影響を与えることによる快感があるんですね。


あと、子供連れであることを周りに認めさせるテクニックとしては、近所に饅頭(の箱の中に金を入れる)を配ることですね。そして電車の中で誰かにぶつかればすみませんと謝ることです。
痴漢の冤罪の件、障害者が「俺は障害者だから道を空けろ」等とのたまい威張る件など、最近は弱者がその保護される立場を逆手にとっての卑怯な事件が横行しています。
私は革命を起こし、そういう馬鹿どもに天罰を与える改革が政治には必要で無いかと思うのです。


最後に質問に答えます。「自分より強い人間はいますか?いたとして、自分より強者から邪魔にされ退くことを強いられたらどうしますか?」←これに対してですが、もちろんいますよ。ただ、強い人間の絶対数が少ないので、そいつらを倒すためにただただ粘り強く鍛錬するのみです。邪魔にされれば暴れます。ですからキリンさんも気になさらずに大暴れすればいいのです。ただ、そうすると基本的には潰されますよね。
だから潰されないような実力をつけるのです。「こいつは特別だ。才能のあるこの人間の真似はするなよ。こいつだから許すのだ」と責任者に言わしめるような最強の人間になればいいのですよ。私も面倒くさい人間だと思われてることでしょう。上に噛み付くのが好きなのですから。
ただ、普段私は威張っている分、責任は果たしていますし、電車では年寄りに席を譲っていますよ。間違った人間には有形力を行使する可能性がありますが。好き放題やっているのに何故か憎まれない人間になれとしか私は言えません。

まあこんなところで具体的なことを書いて自爆するつもりはありません。


あとは限度を持って暴れることですね。


2008.08.28.Thu / 17:14 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

■侍さん
お返事いただけてありがとうございます。
子育ても人生も楽しんでいます。
窮屈な面もありますがどんな人生でもありますよね。
いつもレスポンス遅くて申し訳ないです。

2008.10.05.Sun / 08:46 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.02.26.Fri / 12:21 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理者の承認待ちです

2010.03.26.Fri / 14:51 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.06.17.Thu / 16:11 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.04.11.Mon / 11:02 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.05.30.Mon / 19:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.06.12.Sun / 02:55 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.06.06.Wed / 04:07 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.11.17.Sat / 01:34 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 
・子連れは邪魔?(キリンも考える、2006/03/06)私もかつては子供だった。あなただって、そ
2006.03.09.Thu .No2 / [晴]晴れの日もある / PAGE TOP△
<img src=\"{_img_}h0301-1a.gif\"> <A HREF=\"http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/03/h0301-1.html\"
2006.03.11.Sat .No3 / あたちがゆく / PAGE TOP△

 Calendar 


03 ≪│2017/04│≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

 プロフィール 

かすみ

Author:かすみ

 ブロとも申請フォーム 

  FC2カウンター  


CopyRight 2006 キリンも考える All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。