スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  備忘録 その1  -  2006.04.11.Tue / 00:00 
 何だか忙しい、4月。年度初めって何がどう忙しいのかよく解らないまま、忙しく過ぎます。だもんで、日記の更新大幅遅延。しかし盛りだくさんの4月上旬でしたので二回に分けて備忘録。 


 やはり4月、お花見に行きました。近所の友人家族3ファミリーと出かけました。みんな1歳児連れなので、ブルーシートて場所取りして、酒だ つまみだ カラオケだ、ってのは無し。近くの公園にぶらっ~と行って、遊具で遊ぶ子供たちを見ながら桜を愛でる。なんともまぁ、穏やかで心癒される時間でした。桜の花と共に子供たちの笑顔を写真に収めようとしたのですが、これが至難の業。身長80cmの彼らの世界と、木の枝に咲く桜の花々を同じフレーム入れるのって無理ですね、素人の私なぞには。ずっーーーと引いて、誰の子だかわからないくらい離れないと同じ画面に収まってくれないし、子供たちも桜なんか見ちゃいないし、滑り台やブランコに夢中、なもんで普段と変わらない子供の写真を写してきましたよ。

塩チョコ
 スイカじゃあるまいしチョコに塩振って、うまいんか?と思っていたが、これが美味かったよ。デパ地下で売り出されて人気と聞いたことはあったけど、また一時の流行すぐにすたれると思って聞き流していた。
 近くに塩チョコ店があるなんで全然知らなかった。お花見の帰りケーキと共に買ってそのまま友達宅になだれ込んだのだけどケーキより美味しくて、かっぱえびせん状態、止まりません。味の対極にある「あまい」と「しょっぱい」が一緒になって、こういうのを絶妙って言うんだろうな。暫くはまりそうだ。

子供と外食
 幼児食の子供との外食には、いつも子供用のお弁当を作っていく。がそうすれば、どこのレストランに入ってもいいというわけではない。幼児が入ってもいいところかどうかチェックしないとね。でもこれって、外に断り書きがしてあるわけじゃないので、口コミとか外からのぞいてみてとか、店の人に聞いてみないと解らず、地道なリサーチが必要になってくる。大人の雰囲気を大切にしているところは入れないし、静かな店や、癒し重視の店もダメ。ファミリーウエルカムでにぎやかな店というのが基本で、更に子供用の椅子があり、オムツ替えの場所があり、ベビーカーで入れて、騒いだときの退避が容易かどうか。デパートやファミレスは子供の受け入れ態勢万全だけど、それ以外の店で子供と入ってもいいところは探さないとならない。とは言うものの最近は家の近くならどこが大丈夫か解ってきた。
 最初から「子供もどうぞ」という店はあまり無いようで、アットホームな店の雰囲気からファミリーが来るようになり、客のニーズに合わせる形で、後から店が子供の椅子を用意したり、オムツ替えの台を取り付けたり、ベビーカーが通れるスロープをつけたりしている。
 子供が少ないといいつつも、少なければ集まるようになり、儲けを出したい店との思惑と客の要望が合致してレイアウトや設備が変わるということだろうか。今月に入って3ヶ所で外食をしたが、いずれも「子供もどうぞ」の設備は後付だった。
いずれにせよ、子供と行ける場所が増えるのは嬉しい。

明日は備忘録2の予定

スポンサーサイト
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Calendar 


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

 プロフィール 

かすみ

Author:かすみ

 ブロとも申請フォーム 

  FC2カウンター  


CopyRight 2006 キリンも考える All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。