スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  誰がやる?家事  -  2006.04.14.Fri / 00:00 
 「最近、すごく手が荒れてきた。」と新婚1ヶ月の友達が啄木のようにジッと手を見る。家事による水仕事が増えたからだそうだ。友達夫婦は共働きだが夫の家事分担は極めて少ないらしい。「二人して働いているんだから、家事も二人でやらないと持たないよ。」と言ったが友人は「う~ん、まぁそうなんだけどねー、なんかアタシがやっちゃうんだよね。」と家事に協力的ではない夫に大きな不満を持っているふうでもない。当人同士がそれでよければ構わないのだが、彼女の中に、結婚したら家事をするのは女性、という考え方が根付いているのではないかと思った。実際私がそうだった。そう教えられて育ってきた。
 幼稚園で私は毎日泥んこになって男の子と探検ごっこやプロレスごっこをして外で遊んだ。女の子と一緒にままごとやお人形遊びをする子供ではなかった。母は幼稚園の先生に時々「女の子らしいあそびを」と言われたそうだ。その時分から何かに付けて「女の子らしくしなさい」と言われ続けてきたように思う。ままごとや人形遊びから、料理くらい出来るように、裁縫くらい出来るようにと色々教えられ、言われる台詞は決まって「女の子らしく・・・」だった。そうやって家事一般が出来るように育てられ、「女だから家事を」の考え方が自分の中にも定着していった。
 勿論、男の子は「男らしく」と育てられ、強くあることや競争に勝つことなどを求められてきたことと思う。
 今の大人たちなら多少なりともこの「らしさ」を求められて育ってきたのではないか。少なくとも私が子供の頃は、夫婦や父母の役割分担はかなりきっちり分けられていた。しかし、大人になり社会に出て見たら、男だから、女だからという分け方に必然性はなくあいまいになり、個人の考えに因るようになってきていた。

 前に付き合っていた彼に「結婚しても働きたいなら勿論いいよ。家事を手伝ってあげてもいいよ。」と言われた、また別のときに「ゴミ出しなら出来ると思うし、飯くらい炊けるよう米を研ぐ練習しとくよ。」とも言われた。同じに働いて、家事は同じにやる気は毛頭無く、ゴミ出し程度ならやってあげてもいいと。彼は、「理解ある優しい夫になるよ」と言いたかったのかも知れないが、私にすれば根本的考え方が違うと思う発言だった。
 その彼とは結婚せずに、今の夫と結婚したのだが、結婚当初こんなことがあった。夫が「服のボタンが取れた」と言う。わたしは「じゃあ、解りやすいところに出しておいて。」と言った。夫は「なんで?」と聞いてきた。そりゃ、服とボタンをまとめて解りやすく置いといてくれなきゃ、付けるときボタンを探したりするの嫌じゃん、と思ったのだが、夫は何で自分の服のボタンが取れたのにあなたが付けるの?という意味で言ったのだった。ボタン付けは妻の私が・・・と思っていたのだが、夫は自分のボタンは自分でと思っていた。
 家事は手が空いている方がやるーーが夫の考え方だ。なので、時間とついでがあれば私の服のボタンも一緒に付けてくれる人だ。家事は妻がと頭のどこかで思ってしまっていた私には軽い驚きだった。

 先日結婚した後輩の男性から結婚の挨拶メールがきた。
<今後も仕事と家庭を両立させながら、日々邁進していく所存です>
とある。仕事と家庭の両立とは妻の台詞だと思ってきたが、多くの人に出す挨拶メールにしっかりと家庭との両立を宣言している。ここでも私は軽いショックだ。
スポンサーサイト
No.24 / 雑念 /  comments(4)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△
from Dora

こんにちは。いつも興味深く拝見させて頂いています。(コメント2度目です。)とても興味深かったので、言及した記事を書いてトラックバックさせて頂きました。ではでは。

2006.04.14.Fri / 22:02 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

こんにちは
読んでいただきありがとうございます。

Doraさんの記事を読んで、なるほどと思いました。

2006.04.17.Mon / 17:29 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from

あのさ、家事くらいこなせなくて女どうするの?今時余程生活力
ないならともかく、男でもできるんだよね。
それに、女は愚痴ばっかこぼすだけで金を手に入れる為の長時間労働のしんどさを理解しないよな。文字通リ命削るのにさ。

金は天から降ってくる訳じゃない。ただ働いてるだけじゃダメで業績上げないとどうしようもないんだよね。しかも、、絶えず変化に対応しなきゃいけないし、実力上げるために努力や勉強しないと
生き残れない。
日本女はそういうところの苦しみの解らないカスだから、非婚少子増大するんだよね。生物的に不快な存在なんだよ。
楽して他人に押し付ける事ばかり考えないでくれない?寄生虫
じゃないんだからさ。世界の資源も食糧も有限で、それを確保す
るためにも金いるんだよね。近代文明は維持するだけで膨大な
資源と金と労力と犠牲かかるんだ。それがわからないなら本当
に余計な資源喰らいの邪魔者でしかないし、日本女滅んでいい
よ。

2006.05.21.Sun / 08:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

5月21日にコメントを頂いた直上の方へ
3月6日の記事「子連れは邪魔」にもコメントを頂いた方と、文が似ているのですが同じ方でしょうか。

おっしゃる通り、最近の男性は家事一般、問題なくこなせますよね。
男だから女だからという事はあまりなくなっています。

そしてまたおっしゃる通り、金は天から降ってきません。
自分の労をお金に換えることの大変さは解っているつもりです。
しかし金に変えられる労働だけが、労働でもないと思っています。
専業主婦・子育て中の母親だって立派な労働者だと考えていますし、大変さも伴います。

ここで書いている「日本女」とは「外国女」との対比?それとも「日本男」との対比でしょうか?
日本の女性を纏めて、寄生虫・カス呼ばわりはあまりに乱暴ですね。

2006.05.22.Mon / 23:41 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 
家事(と仕事)の分担は夫婦で好きに決めればいいことだと思っていますが、興味深い記事を見つけたのでちょっとだけ。「誰がやる?家事」『夫は何で自分の服のボタンが取れた
2006.04.14.Fri .No4 / 蒼と碧の幻想 / PAGE TOP△

 Calendar 


09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

 プロフィール 

かすみ

Author:かすみ

 ブロとも申請フォーム 

  FC2カウンター  


CopyRight 2006 キリンも考える All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。