スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  英語教育  -  2006.04.21.Fri / 00:00 
 朝のニュースで、公立小学校からの英語教育導入のレポートを見た。地域によって、導入の程度が違うのだが、教員不足がレポートのテーマとなっていた。取材をされていたのは、英語を教えるのは初めてで大学を出てからは英語から遠ざかってしまっていた一人の教師。その教師が英語の最初の授業をするまでの奮闘振りを描いていた。英語教育の専門家にアドバイスをもらったり、英語授業を見学したりと頑張る。
 しかし・・・私は、この教師に自分の子を教えてもらうのは嫌だと思った。酷い言い方だとは百も承知で言うが、彼のような教師に教わるのは避けたい。なぜなら、あまりに英語が出来ないからだ。間違えて言い直し、その度に「~じゃなくってー」とか「ちがう、ちがう」など日本語の合いの手を入れながらの授業。(どこかの英会話教室のCMにあったような)これで子供に英語が身に付くとは全く思えない。こんなことを言う私もたいして英語が出来る訳ではない。けれども、少なくとも自分よりちょっとは英語が出来る人に教えてもらいたいと思う。
 
 日本の教育はどうしていつも、ヌル~く、ユルユルと変わっていくのだろうか。まるで、締りの悪い蛇口から水がちょろちょろと流れて地面に滲みこむみたいに改革が導入されていく。小学校から英語教育をするなら、全ての公立小学校に足りるだけの、ネイティブかバイリンガルの教師をきちっと揃えて、授業数も週に数時間ではなく、身に付くだけの時間を割いてなおかつ他の科目がおろそかにならないようなカリキュラムをがっちり組んでそれから導入した方がいいのではいか。ユルユルと変わっていく過渡期に当たった子供たちは気の毒だし、英語クラスがある学校に転勤が決まって、焦って英語を勉強しなければならない教師も辛いはず。今まで長らくやってきた中学生からの身に付かない英語教育を小学生からに拡大するだけならやめて欲しい。賛否両論ある早期英語教育なので、やるやらないを選べるようにするなどの選択制にするとか、もう少しアイディアがあってもいいのではないか。もっときちんと土台作りをしてから実施に踏み切って欲しい。
 文句を言うのは簡単で、実行するのは難しいというところだと思うが、百も承知二百も合点で言わせてもらいたい。やるならやる、身に付くようにやる。やらないなら一切やらない。中途半端で成果無し、意味なしというのはもうよそうよ。
スポンサーサイト
No.26 / 雑念 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
from Dora

こんにちは。同感です。参考にこのあたりどーぞ。

「教育とか就職とか・・ 」
http://dorablue.blog51.fc2.com/blog-entry-258.html

ではでは!

2006.04.23.Sun / 18:16 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

ありがとうございます。
頷けること多々ありました。

2006.04.25.Tue / 16:35 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Calendar 


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

 プロフィール 

かすみ

Author:かすみ

 ブロとも申請フォーム 

  FC2カウンター  


CopyRight 2006 キリンも考える All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。