スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  愚か者  -  2006.05.19.Fri / 00:00 
 彩花ちゃんが亡くなった。
 彩花ちゃんとは、アメリカで五臓器移植をした1歳4ヶ月の女の子だ。移植手術の為に莫大な費用が掛かる。随分多くのメディアにも取り上げられ、Jリーグをはじめとするサッカー関係団体など本当に多くの企業・団体が協力者名簿に名を連ね募金活動をしていた。私はあるHPに「救う会」HPのリンクが貼ってあるのを見て彩花ちゃんのことを知った。

 中学・高校の頃私はよく募金をした。困っている人や社会が少しでもよくなることを願って少ないお小遣いからこれまた更に僅かな額を出した。少しでも、困っている人の助けになれば、幸せな社会になればと本気で思っていた。純粋だったなぁ。けれども、活動団体の横領、不透明な使われ方を知る様になってからは募金というものは一切しなくなった。
 それから幾年月も過ぎて、私は彩花ちゃんに僅かだが募金をした。自分で稼いだお金で募金をしたのは初めてだ。何故したのかは自分でも解らないのだが多分ヒトの親になったからだと思う。
 目標額はあっという間に達成され、渡米、移植、手術成功とどんどん明るいニュースが入ってきた。テレビでも移植成功のニュースを見た。募金活動の中心「救う会」のHPには彩花ちゃんの元気な姿とご両親の穏やかな笑顔が次々UPされていった。

 こんなに大勢の人が応援している。こんなに沢山の願いが集まっている。彩花ちゃんは絶対に治る。どんな困難も克服する。奇跡は絶対やってくる。人々の願いは大きなパワーとなって、彩花ちゃんに届くはず。そう信じていた。

 私は何を勘違いしていたんだろう。
何を根拠に信じたんだろう。みんなの願いは絶対に実を結び彩花ちゃんが元気になると確信していた。よき時代のアメリカ映画じゃあるまいし絶対に幸せな気持ちで映画館を出られるって保障はあるはずもないのに、どうして信じて疑わなかったんだろうか。
 わたしはなんで募金をしたのか。彩花ちゃんと息子の姿を重ね、幸せな結末を見たくて、映画を観るかの如く募金をしたのかもしれない。そんな気持ちで募金をしてよかったんだろうか。
 現実はずっと痛くて厳しい。努力や願いや金額に見合った結末が必ず用意されているはずも無く、ただ事実があるだけ。私のような部外者がもう一つの結末はあり得ないと勝手に信じる愚かさ。
泣けて、泣けて、涙が止まらないよ。
スポンサーサイト
No.31 / 雑念 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
from Dora

こんにちは。

親御さんが「平和な半年をありがとう。」って言ってましたね。それだけでもよかったんじゃないかと思います。

ではでは。

2006.05.27.Sat / 02:45 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from かすみ

前向きになれるコメントをいつもありがとうございます

2006.05.30.Tue / 21:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Calendar 


09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

 プロフィール 

かすみ

Author:かすみ

 ブロとも申請フォーム 

  FC2カウンター  


CopyRight 2006 キリンも考える All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。