スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  せっせとお祭り  -  2006.09.04.Mon / 00:00 
 お祭りや盆踊りには全く興味がなかったので今までその季節になっても足を運ぶことはなかったが、息子が喜ぶかもしれないと今年は近所のお祭りに連れて行ってみた。そして季節も終わってみれば5度お祭りに行った夏だった。最初は音やちょうちんに怯えていた息子だが、地元商店会の名前の入った手ぬぐいを首にかけてもらいうちわを貰えばその気になったか、踊りの輪の中へ。前の人のお尻に顔をぶつけながらも何周もやぐらの周りを回った。振りはメチャクチャ背中を押してやらないと前へ進まずだったけど、顔は真剣そのもの「帰ろうか」と言うまで踊りの輪についてチョコチョコ歩いていた。それ以来、家ではおもちゃの太鼓を祭り太鼓宜しく「どどーん」と言いながら激しく打ち鳴らし「ぼーり行く?(盆踊り行く?)」と聞かれる毎日。なもんだから近所のお祭りをチェックしてせっせと足を運んだ。

 私は、盆踊りに行くのもましてや踊りの輪に入るのも久しぶりだったが色々なことを感じた。

 単純な振りの繰り返しで輪になって回り続けるといつしかそれに没頭し頭の中が空っぽになってくる。子供の背を押しながら周りを見ると陶酔しているかのように踊っている人たちがいる。特に短い振りの繰り返しで1曲が長い郡上踊りは陶酔気味に踊り続けている人が多く、私もいつしか何も考えずに回り続けていた。本人にそのつもりはなくてもまさに宗教儀式のようだった。(そもそもそういうものだったんじゃないかと思うのだけど詳しくは解からない)

 いつもは人気(ひとけ)のない夜のお寺の境内に作られるお祭り会場は、普段の大通りの喧騒とは全く異なる空間で独立し且つ閉ざされている。そこは赤いちょうちん、出店、浴衣、太鼓、踊りと全て昔ながらで懐かしく心地がいい。会場を後にいつもの大通りに出た時、夢から覚めたような感覚に囚われる。内と外の境界線ははっきりしていて、まるで『千と千尋の神隠し』のラストみたいに、祭り会場が異空間に思えてくる。

 そして私はこの土地の人間なんだなぁと実感したのは、役員席とか会場本部席で手ぬぐいやうちわを配っている人たちや会う面々が昔ながらの知った顔、なじみのおじちゃんおばちゃんたちだという事。これもなんだか嬉しかったりした。訪問者の多い町なので普段道を歩いていても知らない顔ばかり、地元のなじみと会うことは殆どないのだが、こういうところに行くと「こんばんは~」と気軽に挨拶ができる。

 そんな訳で今年の夏祭り廻りは親子二人で十分楽しみ、早くも来年の季節が楽しみだ。


スポンサーサイト
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Calendar 


03 ≪│2017/04│≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

 プロフィール 

かすみ

Author:かすみ

 ブロとも申請フォーム 

  FC2カウンター  


CopyRight 2006 キリンも考える All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。